未分類

MacでAtCoder:g++の#includeのコンパイルエラーを回避

which -a g++
type -a g++
(-a : 全てのコマンドの場所を表示)

 

g++ -v

% g++ -v
Configured with: --prefix=/Library/Developer/CommandLineTools/usr --with-gxx-include-dir=/Library/Developer/CommandLineTools/SDKs/MacOSX.sdk/usr/include/c++/4.2.1
Apple clang version 13.0.0 (clang-1300.0.29.3)
Target: arm64-apple-darwin21.1.0
Thread model: posix
InstalledDir: /Library/Developer/CommandLineTools/usr/bin

 

ここから「stdc++.h」ファイルを取ってくる。

include-dirに指定されている場所にbitsディレクトリつくって、中にstdc++.hを設置。

無事にコンパイルできるようになりました。

-未分類