未分類

AtCoder

メモ

範囲for文

for (配列の要素の型 変数名 : 配列変数) {
  // 各要素に対する処理
}

vector<int> a = {1, 3, 2, 5};
for (int x : a) {
  cout << x << endl;
}

多次元配列

vector<vector<要素の型>> 変数名(要素数1, vector<要素の型>(要素数2, 初期値))

参照

参照先の型 &参照の名前 = 参照先;

参照の参照(int a=3; int &b  = a; int &c = b;)は、参照を参照ではなく直接参照になる。
関数宣言の引数を&参照にすると、関数で行った変更が参照先の変数も変更する。関数から外部変数を更新。

C++のメモ

剰余(あまり)

10%3⇨1

配列

vector<int> name;

name.at(0)=1;

 

標準入力を取得

string a = "abcd";
string b = "ABCD";
bool c;
c = (a<b); //→false(辞書順:0~9→A~Z→a~z)

"abcd"s.size() //→4
"abcd".at(2) //→'c'

インストール

sudo apt-get install python3

curl -o- https://raw.githubusercontent.com/creationix/nvm/v0.33.11/install.sh | bash

nvm install node

npm install -g npm

npm install -g atcoder-cli

pip3 install online-judge-tools

export PATH=$PATH:/.local/bin

echo "export PATH=$PATH:~/.local/bin" >> ~/.bashrc

acc -h

oj -h

インストール

ここを参考

インストール。

Online-Judge-Toolsを環境変数に追加

コマンドは ~/.local/bin に追加される。

cd ~

echo "export PATH=$PATH:追加したいコマンド検索パス" >> ~/.bashrc

(追加パス⇨「$(pwd)/.local/bin/」)

AtCoderをする環境を準備

  1. AtCoder公式にアカウント登録(公式
  2. ターミナルにatcoder-cliをインストール(チュートリアルインストールガイド
    • パッケージ管理ソフトnvmの使い方

 

-未分類