未分類

Ubuntu Server 20.04LTSをWindows上のVMWareにインストールしてデスクトップ導入&日本語化&日本語入力(ROS2で自律探索ロボット製作ー1日目)

目標

  • サーバー版Focal (20.04 LTS)をVMWareで仮想構築
  • デスクトップ化(GUI化)、日本語表示
  • 日本語入力(Mozc)できるようにする。

OSデータの取得

公式からisoデータを取得(https://jp.ubuntu.com/download

VMWareで新規仮想マシンの作成

公式isoなので、自動でOS種を判別してくれる。ポチポチ選んでそのままインストール。

アップデートパッチあてるのに結構時間かかってた。

Bios画面風のCUIでインストールを進める。

キーボードモデルは判定を使うと英国になった。手作業で普通に日本語選んだら問題なかった。

最後に必要なソフトパッケージを選択。SSHなど入れておいた気がする。AWSとかGCPは気になったけどスルー。

インストールが終わるとCUI環境でのインストール完了!

デスクトップインストール

Ubuntuのデスクトップは「ubuntu-desktop」パッケージを入れるだけ。
CentOSで建てたときは「sudo LANG=C yum groupinstall "GNOME Desktop"」⇒「sudo systemctl set-default graphical.target」とかやって面倒だったけど、Ubuntuは実質1行。
早い。

sudo apt-get update
sudo apt-get -y install ubuntu-desktop
sudo reboot

2.7ギガぐらいダウンロードしてたのでそこそこ時間かかった。

リブートすると無事にGUI環境で立ち上がった。

日本語表示

日本語表示はデスクトップの「設定」画面からできた。日本語パッケージをインストールして、日本語に変更。

サインインし直すと無事に日本語表記になった。

日本語入力

日本語パッケージをインストールしたことで、Mozcもインストールされてるみたいだけど、文字入力のアイコンがバーに表示されない。

ibus-mozcパッケージなどはインストールされてる。

sudo apt install ibus-mozc 
ibus restart 
gsettings set org.gnome.desktop.input-sources sources "[('xkb', 'jp'), ('ibus', 'mozc-jp')]"

とかでもない。

と思ってたらキー入力(キーボード)に

「日本語」でなく「日本語(Mozc)」を追加すればよかった。

無事、Ubuntu環境完成。

-未分類

© 2021 技術科・情報科のサイト Powered by AFFINGER5