未分類

Raspberry Pi でLCDディスプレイ(QAPASS1602a)を表示させる(Cコンパイル版、Python版)

~使用する部品~
Raspberry Pi スターターキットから、
①拡張コネクタ[GPIO Breakout kit](T字基盤+40pinパラレルケーブル)
拡張コネクタをつないで、ブレッドボードに取り付ける。
すべてのピンをブレッドボード上から使えるようにする。
②ジャンパー4本(オスーメス)
③LCDディスプレイ(1602)

0.可変抵抗を変えてLCD表示の調整

初期だと最低値になっていて、液晶表示がされません。

半分ぐらいまで回しておきましょう。

1.RpiのI2C通信をONにする

1-1デスクトップから

ラズパイの設定から、I2C通信をONにして再起動。

1-2コードから
場所:/boot/config.txt
変更:dtparam=i2c_arm=on

再起動

2.モジュールデータの読み込み

Osoyooの1602LCDディスプレイを使うのには、「i2c-bcm2708」と「i2c_dev」モジュールが必要らしい。

[Linuxコマンド] モジュール一覧を取得 lsmod
|(パイプ)してgrepで「i2c」を含むの抽出

モジュールデータの場所: /etc/modules-load.d/modules.conf(本家には「/etc/modules」とあった)

ここにモジュールを追加する。

3.シリアル通信番号の確認

i2cdetect [ピン番号]

3f⇒0x3f

27⇒0x27

4.サンプルプログラムのダウンロード

wget:urlのデータをDLする(標準でカレントディレクトリ)

C言語版

http://osoyoo.com/driver/pi3_start_learning_kit_lesson_13/i2c1602_lcd.c

Python版

http://osoyoo.com/driver/pi3_start_learning_kit_lesson_13/i2c1602_lcd.py

(どちらも初期設定はシリアル通信番号が「0x3f」)

5.サンプルプログラムを実行

5.1.C言語版

gcc:後述のファイルを-oのファイル名でコンパイルする。

gcc -Wall -o i2c1602_lcd i2c1602_lcd.c -lwiringPi

(GNU Compiler Collection ⇒ GCC)

実行:コンパイルでできたファイルを叩く

./i2c1602_lcd

5.2.Pythonの場合

python:後述のpyファイルを実行

python ./i2c1602_lcd.py

-未分類

© 2021 技術科・情報科のサイト Powered by AFFINGER5